1.埋伏歯

智歯(おやしらず)が一般的ですが、歯肉や骨の中に歯が埋まっている状態です。特に一部のみ露出している状態では、その部分の清掃が難しく、しばしば炎症(智歯周囲炎)の原因となります。一般的に抜歯が望ましい事が多いと考えられます。

 

2.顎関節症

ヒトの顎の関節は、複雑な運動を行うため、過度の負担が生じたときには、1)雑音(カクカク、ゴリゴリ)、2)痛み、3)口が開きづらい、などの症状が生じる事があります。病状に応じて、適切な対応を行う事で、改善が見込まれます。

 

3.顎の周囲の外傷

事故や怪我などで、歯のぐらつき、粘膜の損傷、顎骨の骨折が生ずる事があります。かみ合せに影響する事もありますので、早期の治療が必要となります。

 

4.顎の周囲の炎症

齲蝕や歯周病の感染が、歯や周囲の粘膜にとどまらず、顎の周囲に広がる事があります。放置すると感染が全身に波及することもありますので、軽く考える事は危険です。

5.粘膜疾患や顎骨内の病変

良性の病変から口腔がんなど、口腔内の粘膜疾患や顎骨病変は多岐にわたります。アフタ性口内炎などは、1週間程度で自然になおる事が多いと思われますが、それ以上続く異常に関しては、一度専門医の診察をおすすめします。

 

6.全身疾患を有する方の外科処置など

全身状態や服薬内容によっては、抜歯などの外科処置に注意を要することがあります。必要に応じて医科の主治医との連携をとりながら、治療を進めていきます。
いずれの治療に関しても,入院管理やより高度な治療を要するケースに関しては、厚生連高岡病院・高岡市民病院・富山大学附属病院をはじめとした高次医療機関との連携のうえでの診療を行なっています。