予防歯科・メインテナンス

従来の歯科治療は悪くなった歯を治療することが主体でしたが、最近は毎日のセルフケア(ブラッシング)と定期的なプロフェッショナルケア(歯科衛生士によるブラッシングの状態の確認とクリーニング)で、口の健康を保つという考え方が主流となってきています。メインテナンス中に新たな治療が必要なこともありますが、定期的なメインテナンスを受けておられないケースよりも、ご自身の歯を保存する可能性は高くなり、また治療もあまり複雑にならないことが多いと思われます。ある意味、患者さんご自身がご自分の治療に携わっているとういう方向付けであり、当院はこの方向付けを大切にしていきたいと思います。

一般歯科診療

いわゆる虫歯治療(詰め物・被せ物)、歯周病治療、入れ歯の治療などのことを言います。歯を失う原因の多くは「う蝕(虫歯)」と「歯周病(歯槽膿漏)」です。口腔内の環境は、患者さんによってそれぞれ異なり、例えば虫歯になりやすい人とそうでない人がいますが、虫歯と歯周病が進行する原因はともに、歯の表面・周りに残るデンタルプラーク(歯垢)にあります。逆に言えば、デンタルプラークをきちんと除去(プラークコントロール)することによりこれらの病気は予防することが可能です。プラークコントロールが良くないと、治療後も再び虫歯や歯周病が進行し、治療を繰り返すことになりえます。当院では、個々の患者さんの口腔内環境、プラークコントロールの状態を診査したうえで、治療方針について相談していきます。

 

口腔外科疾患

当院では上記の一般歯科診療に加えて、口腔粘膜疾患、顎関節症、顎の周囲の外傷・炎症、また埋伏智歯(おやしらず)の抜歯などの小手術の対応を行います。総合病院の勤務経験と口腔外科の専門医制度にもとづいて、口腔外科疾患の初期対応を行います。より高度な治療を要する場合には、総合病院・口腔外科との連携を行いながら診療をすすめていきます。

口腔外科疾患の詳細はこちらをご参照ください。

 

口腔インプラント治療

歯の欠損が生じた場合に一般的には、(固定式の)ブリッジや(取り外し式の)入れ歯により治療を行いますが、最近では口腔インプラントによる治療も選択肢の一つとなってきています。インプラントは口腔粘膜や残りの歯への負担が少なく、有効な治療ではありますが、健康保険の適用がないこと・外科手術を要することなど、マイナス面も少なからずあることから、治療方針について十分に検討を行なったうえでの治療が必要です。詳しくは「口腔インプラント治療について」をご参照下さい。個々の患者さんで治療の内容が異なりますので、当院ではそれぞれの患者さんにおいて十分な診査を行なったうえで、治療方針について説明させていただきます。